森森山山

転職をし、某企業に正社員として採用されましが、その後適応障害に至り休職、退職を決意。これからは「いのちだいじに」家族もいるしね。これからは山をメインとして仕事をしていきます

【北海道】雌阿寒岳

こんにちは。たです。

7月の北海道ラスト 雌阿寒岳です

 

雌阿寒岳

日本百名山の1つで北海道に9つある百名山の一つです。標高は1499m

阿寒国立公園に位置する山で、隣に雄阿寒岳もあります。現在も火山活動が非常に活発です。付近には神秘の湖オンネトーや野中温泉があります。詳しい火山活動の歴史は気象庁に記載されています。

www.data.jma.go.jp

登山コースは雌阿寒温泉コースとオンネトーコースがあります。

雌阿寒岳は活火山のため、火山活動によっては登山できない場合があります。

www.jma.go.jp

 記録

雌阿寒温泉登山口9:20→雌阿寒岳11:50~12:20→14:30オンネトー登山口

雌阿寒温泉登山口からオンネトーへ抜ける周回コースで登りました

 

写真

 

f:id:taka02271985:20190913110033j:plain

雌阿寒温泉登山口。森の中、さわやかです

f:id:taka02271985:20190913110105j:plain

2合目。1合ずつ看板があるので目安になります

f:id:taka02271985:20190913110203j:plain

オンネトーが見えます

f:id:taka02271985:20190913110240j:plain

6合目を過ぎると森林限界を超え荒涼とした景色になります

f:id:taka02271985:20190913110326j:plain

9合目

f:id:taka02271985:20190913110354j:plain

火口が見ます。シューっとガスの音がします

f:id:taka02271985:20190913110432j:plain

山頂到着。中央に阿寒湖、右に雄阿寒岳が見えます

f:id:taka02271985:20190913110549j:plain

青沼と阿寒富士。赤沼もあるのですがなくなってました

f:id:taka02271985:20190913110645j:plain

ひたすらオンネトーへ向かって下ります

f:id:taka02271985:20190913110730j:plain

登山口到着

f:id:taka02271985:20190913110755j:plain

オンネトー雌阿寒岳、阿寒富士

登山中に見た花

f:id:taka02271985:20190913110841j:plain

メアカンキンバイ。固有種です

f:id:taka02271985:20190913110909j:plain

イワブクロ

f:id:taka02271985:20190913110931j:plain

コマクサ

f:id:taka02271985:20190913111001j:plain

メアカンフスマ。これも固有種

下山後は・・・

野中温泉へ行きました。

f:id:taka02271985:20190913111441j:plain

野中温泉

ここの温泉の特徴は何といっても、野趣あふれることです。

入ったとたんにすごい硫黄臭。お風呂で使った手ぬぐいはしばらく硫黄臭かったぐらいです。そのせいか、洗い場がありません・・・入った後はしばらく体がポカポカというよりも汗が噴き出ました。雌阿寒岳の帰りにぜひ!!

www.minkoku.com


ちなみに、雌阿寒岳のバッジは野中温泉で購入できます。受付で「雌阿寒岳のバッジほしいんですけど」というと出してくれますよ

 

感想

北海道3座目はほかの山と全く異なる山でした。特に山頂付近の火山ガスが噴き出す音は迫力がありました。また火口の周りをアマツバメがたくさん飛んでいました、あと虫も・・・メアカンキンバイやメアカンフスマといった固有種やコマクサやイワブクロも咲いていて火山と花の山でした🌋🌸

次回は黒部五郎・鷲羽かな

お読みいただきありがとうございました。








 

【北海道】滝を越えて斜里岳

こんにちは。たです。時間のある時に一気に投稿していきます✏

羅臼岳の翌日は斜里岳を登りました👣

 

斜里岳とは?

斜里岳日本百名山の一つで知床に位置しています。標高は1547mと低めですが本州の3000m峰に匹敵する環境です。

 

www.kiyosatokankou.com

羅臼岳とは違った山です。それはなぜかというと、滝を登っていきます!!正確には滝の脇です

登山道は清岳荘から入っていく、清里コース(新道,旧道)、三井コースがあります。

羅臼岳と同じでトイレがありません、携帯トイレを利用してください。

ルート、コースタイム

清里コースで登りました

清岳荘5:50→下二股7:10→上二股9:10→馬の背分岐10:10→斜里岳10:25~11:10→馬の背分岐11:30→上二股12:00→熊見峠12:50→下二股13:50→清岳荘15:00

歩行距離 10.5㎞

累積標高 (登り)1393m (下り)1395m

写真

f:id:taka02271985:20190912115421j:plain

清岳荘の脇を入ると林道が続きます

f:id:taka02271985:20190912115447j:plain

ここから楽しい楽しい沢です

岩伝いに進みます。スパッツはあれば安心て程度

ミソガワソウ

下二股。ここから滝がたくさん出てきます

水蓮の滝

滝の脇を進みます

方丈の滝

チシマフウロ

見晴の滝

水量が少なくなってきました

上二股

山頂はもうすぐ

エゾゼンテイカ

今日も快晴

山頂到着

羅臼岳が見える!!

下山なのに登る登る・・・

熊見峠。疲れてそのあとの写真がありません・・・

感想

2日目は斜里岳。沢を渡ったり滝脇を登ったりとアスレチック要素たっぷりの山でした。この日も快晴で暑く、沢にいるときは天国でした。沢が終わるとじりじりと日に焼かれながらの登山で。山頂からは伊日前に登った羅臼岳も見え大満足でした。そのあとは下りのはずがまさかの熊見峠まで登り・・・熊見峠から先の写真はないのですが、下二股までは400mほどの下りで最後に沢を渡って帰ります。

翌日は雌阿寒岳に登りました

 

ちなみに知床第一ホテルに泊まりました。晩ご飯バイキング(刺身あり、カにあり、ジンギスカンあり、味噌ラーメンなどなど)は感動ものでした

www.hotel-shiretoko.com

 

お読みいただきありがとうございました。次は雌阿寒岳

【北海道】知床 羅臼岳

お久しぶりです。たです。

ようやく夏の仕事(登山)が落ち着いたので記事を投稿します。

今は遅めの夏休みです🎵

 

 

はじめに

今年の7月上旬に北海道へ行きました。北海道自体は何回も言ったことがあるのですが、登山は初めてです💡

行ったところは知床方面の百名山羅臼岳斜里岳雌阿寒岳です!!今回は羅臼岳編です

羅臼岳とは??

百名山の一つで、世界遺産知床半島の真ん中に位置しています

ãç¾è¼å²³ãä½ç½®ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 日本百名山のひとつ羅臼岳は、標高こそ1,660 m ですが、なんと言っても北海道の知床半島にそびえる山ですので、なめてかかると痛い目に遭います。本州の3,000 m 級の山に登るくらいの覚悟でのぞんで下さい。

知床国立公園 羅臼ビジターセンターHPより

 登山道は羅臼町からの岩尾別ルート、斜里町からの羅臼温泉登山口があります。道中大沢に雪渓があります。時期によっては8月まで残っているようです。

 羅臼岳はヒグマの巣窟であり、ヒグマに良く会うそうです。クマスプレーを準備していたほうが無難です。ちなみに羅臼ビジターセンターや木下小屋などでレンタルできます。木下小屋でレンタルしました。いろいろとレクチャーしてくれたので助かりました

 水についてですが途中水場があります。が!!そのままでは飲めません。

エキノコックスに感染する恐れがあるので浄水器で浄水する必要があります

 トイレはありません。携帯トイレを持っていく必要があります。羅臼ビジターセンターなどで購入できます💡

ルート、コースタイム

岩尾別温泉ルートで登りました。地の涯ホテルがあります。

5:00木下小屋→7:17弥三吉水→8:41銀冷水→10:00羅臼平→10:50-11:30羅臼岳→12:10羅臼平→13:12銀冷水→14:25弥三吉水→15:30木下小屋

歩行距離14.1㎞

累積標高

(登り)1876m (下り)1882m

 

写真

f:id:taka02271985:20190912112001j:plain

オホーツク展望。全然見えなかった

f:id:taka02271985:20190912112031j:plain

一つ目の水場。弥三吉水。弥三吉さんが見つけたとか

f:id:taka02271985:20190912112059j:plain

仙人坂。急登

f:id:taka02271985:20190912112120j:plain

ウコンウツギ。いっぱい咲いてました

f:id:taka02271985:20190912112137j:plain

大沢入り口。雪渓はあるのか・・・

f:id:taka02271985:20190912112246j:plain

全然ないんかーい

f:id:taka02271985:20190912112259j:plain

エゾコザクラ。お花畑でした

f:id:taka02271985:20190912112321j:plain

雪渓あった!真ん中に

f:id:taka02271985:20190912112335j:plain

コテングクワガタ

f:id:taka02271985:20190912112401j:plain

エゾツツジチングルマ

f:id:taka02271985:20190912112413j:plain

チシマクモマグサ

f:id:taka02271985:20190912112427j:plain

羅臼平到着。遠いし暑い

f:id:taka02271985:20190912112448j:plain

羅臼岳どーん!!あそこまで登るのか・・・

f:id:taka02271985:20190912112505j:plain

フードロッカー。ヒグマは人間の食糧を食べると学習してしつこく食料を取りに来ます。

f:id:taka02271985:20190912112541j:plain

岩清水。ぽたぽた水が出てました

f:id:taka02271985:20190912112604j:plain

エゾツガザクラ

f:id:taka02271985:20190912112617j:plain

イワウメ

f:id:taka02271985:20190912112628j:plain

国後島のチャチャヌプリが見えました。いつか登れるようになるのかな

f:id:taka02271985:20190912112646j:plain

羅臼岳山頂から。硫黄山など知床連山が見えます

f:id:taka02271985:20190912112706j:plain

必死に下山すると・・・今日は山開きだったのね

感想

初めての北海道の山でした。雪渓あるかなと思ってアイゼン準備していきましたがただの重りと化しましたorz ただ雪渓がないおかげで一面のお花畑を堪能できました🌸あんなにお花見れたのは初めてでした。羅臼平に行くまではひたすら樹林帯の中を進みますが、展望も悪く、この日は暑かったため苦行でした・・・羅臼平につくと羅臼岳が良く見えましたが、遠い、遠すぎる・・・羅臼岳の山頂直下は岩場です。気が緩むとケガします。羅臼岳の山頂はかなり狭いですが、絶景を堪能できました✨国後島や翌日登る斜里岳が見えました

気になっていたヒグマでしたが、会いませんでした!!他のパーティは見たそうです。残念・・・

次回は斜里岳です

 お読みいただきありがとうございました。